【Kindle Fire HD】(ルート化 #2) 不測の事態に備えて”Factory Cable”を購入

ルート化すると今まで操作できなかったシステム関連の
フォルダやファイルを弄ることが可能になります。

その分、リスクも存在します。
弄りすぎてシステムが起動不能に陥るケースも考えられます。

ルート化する行為はすべて自己責任になるので、
Amazonに修理を依頼してもそのような端末は受け付けられません。

もし、システムが正常起動できない場合でも
AndroidにはFASTBOOTプロトコルが用意されており、
このFASTBOOTで起動することによって、
USB経由でホストからAndroidデバイスのファイルを更新することが可能になります。

Kindle Fire HDをFASTBOOTで起動するには、“Factory Cable”が必要になります。

“Factory Cable”とは
USBケーブルの1番ピンと4番ピンが結線された状態のケーブルのことです。

これからルート化するにあたり、
不測の事態に備えて“Factory Cable”を調達することにしました。

100均のUSBケーブルなどを利用して自作することも可能なようですが、
私にそういう技量があるはずもなく、もし変に結線させて本体が故障してしまうことも不安です。

どこかで売っていないのか探し回ったところ、
海外のAmazonにそれらしい商品が見つかりました。

多分これでいけるはずです。
fastboot-00

運よく日本も配送可能だったので注文しました。
商品価格が$2.44、税金と送料合わせて$5.26で合計が$7.70
レートが91円ぐらいなので、日本円で700円ほどです。
多分、私が”Factory Cable”を自作すると、これよりは高くつきます。

注文して7日で到着しました。すごく小さいです。
国内の配達業者は日本郵政でした。
img_9153

何の変哲もない普通のUSBケーブルのように見えます。
ケーブルの長さは3フィートなので約90センチぐらいです。
ほかのケーブルと間違わないように赤いテープで印をつけておきました。
img_9156

早速FASTBOOTで起動可能か試してみました。
Kindleをシャットダウンして電源をOFFにします。
この状態でパソコンとKindleを”Factory Cable”で接続すると自動で電源が入ります。
img_9158

中央にFASTBOOTの文字
間違いなく”Factory Cable”のようです。よかった。
img_9174

デバイスマネージャで確認したところ、
正しくデバイスが認識されていなかったのでドライバーの更新を行いました。
fastboot-01

右クリックし、”ドライバーソフトウェアの更新”を選択
fastboot-02

“コンピューターを参照してドライバー ソフトウェアを検索します”をクリック
fastboot-03

“コンピューター上のデバイスドライバーの一覧から選択します”をクリック
fastboot-04

デバイス一覧が表示されます。
その中から”Kindle”を選択して、”次へ”をクリック
この”Kindle”のデバイスは、前回構築したAndroid SDKでインストールしたドライバーです。

多分このドライバーで大丈夫だと思います。
fastboot-05

“Android Composite ADB Interface”を選択して”次へ”をクリック
fastboot-06

“はい”をクリックし、更新処理を実行します。
fastboot-07

更新が完了しました。
fastboot-08

デバイスマネージャの内容が更新されます。
fastboot-09

デバイスが正しく動作するかFASTBOOTコマンドを発行します。
前回構築したAndroid SDKの”platform-tools”フォルダ内にある”fastboot.exe”を使用します。
fastboot-11

コマンドプロンプトを開き、以下のコマンドを実行します。

Select Code
1
fastboot -i 0x1949 getvar product

fastboot-10

上のようなメッセージが表示されればOKです。

これで何か問題が生じた場合でも、システムのリカバーが可能になります。

いよいよルート化作業の本番です。 C:-)

⇒ #3へ

VN:F [1.9.22_1171]

(*) この記事はお役に立ちましたか? よろしければ評価お願いします。

Rating: 7.0/10 (6 件の評価 cast)
【Kindle Fire HD】(ルート化 #2) 不測の事態に備えて"Factory Cable"を購入, 7.0 out of 10 based on 6 ratings

5 thoughts on “【Kindle Fire HD】(ルート化 #2) 不測の事態に備えて”Factory Cable”を購入

  1. 管理人さん、こんにちは
    とてもわかりやすくいつも拝見しています。

    factory cableの購入先を教えて頂きたいのですが宜しくお願いします。
    Amazon usaにアカウントを登録したのですが
    登録した住所では発送できないと表示されてしまいます。

    VA:F [1.9.22_1171]
    Rating: 0.0/5 (0 件の評価 cast)
    • saisaiさん こんばんは

      私はEarlyBirdSavingsという業者から購入しました。

      確認したところ
      日本への配送を現在中止しているようです。 :-S
      再開するのか現時点では不明です。

      実は販売元のEarlyBirdSavingsは
      ebayでも同じ商品を販売していています。

      こちらから購入してみてはいかがでしょうか?
      ebayはオークションサイトですが、
      “Buy It Now”ボタンをクリックすると、
      表示されている値段で購入できます。

      EarlyBirdSavingsのページからも
      直接購入できるようです。
      http://www.earlybirdsavings.com

      ebayではhk-welcomeshopという業者も
      Factory Cableを販売しています。

      VN:F [1.9.22_1171]
      Rating: 0.0/5 (0 件の評価 cast)
  2. 早々返信ありがとうございます。ご教授頂いた購入先を検討したいと思います。

    VA:F [1.9.22_1171]
    Rating: 0.0/5 (0 件の評価 cast)
  3. 初めまして。こんばんは
    いつもわかりやすい記事を拝観させてもらってます。

    質問なんですが…
    僕のKindleでやるとFastboot入っているのに
    FactryCableでパソコンにUSBでつないでもデバイスマネージャには
    [Tate-PVT-08」と出ず「不明なデバイス」と出てドライバのインストールができません・・・
    どうすればいいんでしょう?

    VA:F [1.9.22_1171]
    Rating: 0.0/5 (0 件の評価 cast)
    • ガリレオさん こんばんは。
      デジ備忘 管理人です。

      「不明なデバイス」として認識されているので
      ドライバの更新は可能なはずです。

      ちなみに、
      ここに記載しているときに使用しているパソコンのOSは
      Windows8 Pro 64bitです。

      VN:F [1.9.22_1171]
      Rating: 0.0/5 (0 件の評価 cast)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>