LANDISK【HVL1-G1.0T】のハードディスクを換装してみる(パート1)

LANDISK【HVL1-G1.0T】の空容量がほぼ無い。 ;-( 全容量は1テラです。
メインはファイルサーバーとして使用しています。あとは、REGZAのダビング先として。
写真や動画を詰め込んでいくと、知らず知らずに溜まっていき空容量不足になってしまいました。
landisk-09

残り1%、空容量は約6ギガほど。
landisk-14

LANDISK【HVL1-G1.0T】はUSBやeSATAで外付けハードディスクが増設可能なのですが、
マニュアルによると、保存しているコンテンツの公開ができるとなっており、
それ以外の説明がありません。 
ググってみると増設したHDDは書き込みができないとの情報が・・・。
えーっ!! 書き込みができないとファイルサーバーの意味がありません。
実際どんな動きになるのか試してみました。

外付けのHDDケースに1テラのHDDをセットして、LANDISKとUSBで接続。
img_6075

認識OK。
landisk-15

Windowsのエクスプローラからは容量も確認できず、
増設した機器やフォルダも新しく表示されません。

LANDISK内蔵のHDD空容量が約6ギガほどなので、10ギガほどのコンテンツを
エクスプローラーからコピーして確認しました。
容量が増えていれば、コピーできると思ったからです。

すると、容量不足でエラーとなってしまいました。

残念ながら容量は増えておらず、書き込みは出来ないようです。
読み書きできるのは、内臓HDDだけということでしょう。

ネットで調べるとハードディスクを換装すると容量アップできそうなので、
1テラから2テラのHDDに換装する方法をためしてみました。

ただ、単純に容量アップしたハードディスクに交換しても使用することはできず、
システム的な領域を元からコピーしなければいけません。

保存しているコンテンツ(データ領域)は削除するしかないようです。
そのため、換装前に残したいコンテンツはコピーしておきます。

まずは、ハードディスクを購入。

購入したのは、Western DigitalのWD10EARX(容量1テラ)とWD20EARX(容量2テラ)です。
容量2テラだけでよかったのでが、安かったのでついでに容量1テラも購入。
ツクモネットショップで、WD10EARXが4,480円、WD20EARXが6,080円でした。

FREE ROAMING FOR INTERNATIONAL CALLS!
Check out the best international Sim Cards and save up to 80% on your phone calls, go to roaming free sims and travelsim!

img_6068

換装開始。

LANDISKの内臓ハードディスクを取り出します。
底面のねじ1本を外し、右側のパネルを外します。

ツメだけでとまっています。マイナスドライバーなどがあると便利です。
img_6088

ねじ2本とコネクターを外し、出っ張ってる部分を前面側へ押します。
img_6090

ハードディスクを取り出します。
img_6093

取り出したハードディスクはサムソン製でした。
img_6098

取り出したHDDの内容を、[EASEUS DISKCOPY]などのソフトを使用してコピーするのですが、
かなりの時間がかかりそうなのでデュプリケーターを使用しました。

デュプリケーターとは、パソコンを使用せずHDDの内容を、丸ごと違うHDDにコピーします。
物理的にクローンを作るので、OSなどに依存しません。

今回使用したのは、MARSHALのデュプリケーターMAL-2935SBKです。
img_6079

デュプリケーターMAL-2935SBKは、
SATA以外にIDEにも対応、3.5インチと2.5インチにも対応しています。

そのまま外付けのハードディスクケースとしても使用でき、
REGZAやtorneにも対応しているとなっています。
img_6084

取り出した1テラのHDDと新しい2テラのHDDをセットし、コピー開始。
img_6112

コピー完了まで、3時間かかりました。

⇒ LANDISK【HVL1-G1.0T】のハードディスクを換装してみる(パート2)へ

FREE ROAMING FOR INTERNATIONAL CALLS!
Check out the best international Sim Cards and save up to 80% on your phone calls, go to roaming free sims and travelsim!

2 thoughts on “LANDISK【HVL1-G1.0T】のハードディスクを換装してみる(パート1)

  1. 突然ですいません。
    私も同様に容量を増やそうと考えてますか
    画像をみてますと
    元のHDDは非AFTのもので新しく容量を大きくされた物はAFTのもので
    セクター長が512バイトが4Kのもので対応されていると思いますが
    特に問題なく、ブログに書かれていますやり方で問題なく
    動いてますか?
    やっとHDDが下がってきたんで2TのHDDを購入しようと思ったんですが
    非AFTの物は少し割高で、どうしようかと思っています。
    ご教示お願いいたします。

    • わんげさん こんばんは。

      換装してから今まで、特に問題もなく安定して
      使用できています。 (Y)

      もしかしたら非AFTからAFTへのコピー作業に
      [EASEUS DISKCOPY]などのソフトコピーではなく
      MARSHALのデュプリケーター[MAL-2935SBK]を使用したおかげて
      安定しているのかもしれません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

数字を入力してください。(CAPTCHA) * Time limit is exhausted. Please reload CAPTCHA.