【WlidMediaServer】新機能:Music(Visualization)を試してみる

バージョン1.53から”Music(Visualization)”という面白い機能が追加されました。

“WindowsMediaPlayer”や”Winamp”などでMP3などの音楽ファイルを再生すると視覚エフェクトとして画面上に色々と表示することが可能ですが、wms-v-01

“Music(Visualization)”機能とはこの視覚エフェクトとMP3などの音楽ファイルを”WlidMediaServer”がトランスコードで合成し、動画ファイルとしてクライアントデバイスへ配信します。これにより、味気ない画面が視覚エフェクトが効いてカッコいい (Y) 画面になります。

“WildMediaServer”で扱えるプレーヤーは全部で4つあり、これらプレーヤーのエフェクトを指定し音楽ファイルと合成できます。
扱えるエフェクトモジュールは以下の4つです。

  • BassBox
  • Sonique
  • Winamp
  • Windows Media Player
FREE ROAMING FOR INTERNATIONAL CALLS!
Check out the best international Sim Cards and save up to 80% on your phone calls, go to roaming free sims and travelsim!

モジュールは以下からダウンロード可能です。結構な数があります。好みのエフェクトを何個かダウンロードしました。

“WindowsMediaPlayer”や”Winamp”はEXE形式なので実行してインストールします。”Sonique”は圧縮ファイルで独自形式です。適当なフォルダへまとめておきます。”Winamp”や”Sonique”のプレーヤー本体はインストールする必要はありません。

続きを読む…

FREE ROAMING FOR INTERNATIONAL CALLS!
Check out the best international Sim Cards and save up to 80% on your phone calls, go to roaming free sims and travelsim!

【EVO 3D】標準搭載のPUSH機能で写真を再生してみる【ISW12HT】

前回、”TwonkyBeam”のPUSH機能を利用して、写真や動画をBRAVIAで再生しました。 (V)

“EVO 3D”には標準で、写真や動画をPUSHして再生する機能が搭載されています。

この機能はAndroid4.0以前から搭載されていましたが、

使用方法が若干変更されています。

まず、ギャラリーを表示します。

右上の”出力”をタップします。

2012-09-30-00-06-40

プレーヤー選択画面に切り替わります。

“EVO 3D”(本デバイス)以外に、DMRデバイスが搭載されている機器が一覧表示されます。

“BRAVIA KDL-32EX420″を選択し、”完了”をタップします。

2012-09-30-00-06-53

続きを読む…