DLNAサーバーを試す[MediaTomb]編 – トラスコ時にシークバーを表示する

mediatombで、トランスコードを有効にして動画を視聴するとREGZAにシークバーが表示されず、早送りや巻き戻しができません。

プログラムソースを確認してみましたが、mediatombのトランスコードを有効にするとシーク(早送りや巻き戻し)やポーズ(一時停止)を出来なくしているようです。

以下は、”MP4″(AVC/AAC)の動画を、”MPEG2″にトランスコードしながらREGZAから視聴しています。REGZA Z9000では右下にシークバーが表示されますが、トランスコードを有効にして動画を視聴すると、シークバーが表示されません。
img_5513

data-ad-format="auto"> data-ad-format="auto">

Wiresharkで、REGZAとmediatombの通信パケットを監視してみました。
mediatomb-bar-01

続きを読む…

DLNAサーバーを試す[MediaTomb]編 – ソースからコンパイルした手順

mediatombをプログラムソースからコンパイルした時の手順をまとめてみました。前回投稿したDVD機能を有効にしています。ubuntuのバージョンは10.10です。

ubuntu10.10は、VMware上に”ubuntu-ja-10.10-desktop-i386.iso”からインストールし、システムアップデートを行った後にコンパイル作業を開始しています。

まずは、プログラムソースをダウンロードするために”subversion”をインストール

Select Code
1
sudo apt-get install subversion

“mediatomb”プログラムソース ダウンロード

Select Code
1
svn co https://svn.mediatomb.cc/svnroot/mediatomb/trunk/mediatomb mediatomb

configure.acを編集して、dvdnavi関係のコメントを外して有効にします。

Select Code
1
2
3
4
#MT_CHECK_OPTIONAL_PACKAGE_CFG([libdvdnav], [enable],
#             [compile with libdvdnav support for extended DVD image parsing],
#             [dvdnav-config],
#             [dvdnav/dvdnav.h], [dvdnav], [dvdnav_get_audio_attr], [])

comp-mediatomb-01

“configure.ac”を編集して、以下の部分のコメントを外して有効にします。

Select Code
1
2
3
#echo "expat                 : $EXPAT_STATUS"
#echo "ImageMagick           : $IMAGEMAGICK_STATUS"
#echo "libdvdnav             : $LIBDVDNAV_STATUS"

comp-mediatomb-02

続きを読む…