BRAVIAとDLNAサーバー【TwonkyManager】【DMCとDMR】

前回、WindowsMediaPlayer12(以下WMP12)からコンテンツをPUSH送信して、BRAVIAから視聴できました。

WMP12以外で、同じ機能を持ち合わせているソフトとして”TwonkyManager”があります。

“TwonkyManager”は、REGZAの時に試した”TwonkyServer”にDMCデバイス機能が追加されたソフトです。これにより、DMRデバイスへコンテンツのPUSH送信が可能になります。

インストールして動かしてみました。ホームページから”TwonkyManager”をダウンロードします。 バージョンは2012/01/12時点で最新の2.0.9です。

同梱されている”TwonkyServer”のバージョンは、6.0.38Windows版以外にもMAC版とLinux版がリリースされています。

インストール後、設定画面が起動します。コンテンツのフォルダとして、ユーザーフォルダ内の”マイビデオ”、”マイミュージック”、”マイピクチャ”が各コンテンツタイプとして初期設定されています。

FREE ROAMING FOR INTERNATIONAL CALLS!
Check out the best international Sim Cards and save up to 80% on your phone calls, go to roaming free sims and travelsim!

新しくコンテンツフォルダを追加したい場合は、”サーバー”タブ内からフォルダとコンテンツタイプ指定します。今回は”WMP12″で使用したフォルダを新しく追加しました。

ここで”TwonkyServer”などのサーバー一覧が確認できます。
twonkymanager-04

“プレーヤー”タブ内にDMRデバイスが搭載されている機器一覧が表示されます。”Sony TV”(KDL-32EX420)が認識されています。
twonkymanager-06

“Youtube”などのサービスを使用したい場合は、”メディアフィード”タブ内のビデオサービスから”Youtube”内の視聴方法をチェックします。
twonkymanager-05

フォトサービスでは”picasa”や”flicker”が使用できます。

続きを読む…

FREE ROAMING FOR INTERNATIONAL CALLS!
Check out the best international Sim Cards and save up to 80% on your phone calls, go to roaming free sims and travelsim!