BRAVIAとDLNAサーバー【TwonkyManager】【DMCとDMR】

前回、WindowsMediaPlayer12(以下WMP12)からコンテンツをPUSH送信して、BRAVIAから視聴できました。

WMP12以外で、同じ機能を持ち合わせているソフトとして”TwonkyManager”があります。

“TwonkyManager”は、REGZAの時に試した”TwonkyServer”にDMCデバイス機能が追加されたソフトです。これにより、DMRデバイスへコンテンツのPUSH送信が可能になります。

インストールして動かしてみました。ホームページから”TwonkyManager”をダウンロードします。 バージョンは2012/01/12時点で最新の2.0.9です。

同梱されている”TwonkyServer”のバージョンは、6.0.38Windows版以外にもMAC版とLinux版がリリースされています。

インストール後、設定画面が起動します。コンテンツのフォルダとして、ユーザーフォルダ内の”マイビデオ”、”マイミュージック”、”マイピクチャ”が各コンテンツタイプとして初期設定されています。

data-ad-format="auto"> data-ad-format="auto">

新しくコンテンツフォルダを追加したい場合は、”サーバー”タブ内からフォルダとコンテンツタイプ指定します。今回は”WMP12″で使用したフォルダを新しく追加しました。

ここで”TwonkyServer”などのサーバー一覧が確認できます。
twonkymanager-04

“プレーヤー”タブ内にDMRデバイスが搭載されている機器一覧が表示されます。”Sony TV”(KDL-32EX420)が認識されています。
twonkymanager-06

“Youtube”などのサービスを使用したい場合は、”メディアフィード”タブ内のビデオサービスから”Youtube”内の視聴方法をチェックします。
twonkymanager-05

フォトサービスでは”picasa”や”flicker”が使用できます。

続きを読む…

DLNAサーバーを試す[TwonkyServer編] – 写真(jpeg)をリサイズして再生

TwonkyServerを使用して写真を再生し、REGZAから閲覧してみました。

前回、TVersityを使用して写真を再生してみましたが

REGZAに以下のような条件があり、すべての写真を見ることができませんでした。

※DLNAサーバー経由でJPEGファイルを表示する時の条件 (REGZAの取説から)

JPEGのファイルサイズが4M以上の場合には、

DLNAサーバー側で4M以下にリサイズして公開している場合のみ表示できます。

TwonkyServerには画像をリアルタイムでリサイズする機能(※元の画像はそのまま)があります。

リサイズすることができれば、容量も小さくなり見れなかった写真が見れるかも思い、試してみました。

TwonkyServerはリサイズの解像度を”clients.db”ファイルで指定した“TR”設定を元に決定します。

※”clients.db”ファイルは”C:\Program Files\TwonkyMedia\resources”に存在します。

“clients.db”ファイルには基本設定で指定できるプレーヤー情報が記述されていて、

REGZA Z9000用で使用しているプレーヤー:「Toshiba Regza TV」の設定は以下のようになっています。

初期値では解像度”1920×1080″にリサイズするように設定されています。

Select Code
1
2
3
4
5
6
7
8
9
NA:Toshiba Regza TV
MB:<BrowseFlag>BrowseDirectChildren</BrowseFlag><ObjectID>0</ObjectID><Filter>upnp:class,dc:date,res,res@size</Filter><RequestedCount>120</RequestedCount> 
HB:UPnP/1.0 DLNADOC/1.50 Intel_SDK_for_UPnP_devices/1.2
DB:FIX
XM:DLNA15
XM:DATETIME
HP:chunked
<font color=blue>TR:</font><font color=red>JPEG1920x1080</font>,MPEG
MT:mpeg,mpeg2,vdr,spts,tp,ts video/mpeg

実際の処理は”C:\Program Files\TwonkyMedia\cgi-bin”にある”cgi-jpegscale.exe”を使用してリサイズします。

“cgi-jpegscale.exe”で使用するパラメータファイル”jpeg-scale.desc”は以下のようになっています。

Select Code
1
2
3
4
5
6
7
8
# rescale jpeg images
#(c) 2008 by PacketVideo
exec: cgi-jpegscale $infile $outfile $targetwidth $targetheight
# capabilities
from=image/jpeg
to=image/jpeg
scale
synchronous

用意したjpeg画像は前回と同じで、画素数は4272x2848で1枚が4M~5Mほどの容量です。

続きを読む…